宅配クリーニング・キレイナ会員登録だけで 1,000円OFFクーポンがもらえる! 詳細はこちら>>

節約したいなら食費よりも通信費を見直せ!IIJmioなら月5,000円の節約も夢じゃない。

今月は給料が少ないから節約しなきゃ

節約して貯金したい!

 

と思ったとき、あなたなら何をしますか?

 

主婦の節約レシピなんかを真似する?

なるべく外食をしないようにする?

ビールを諦めて、発泡酒を飲む?

 

まず先に削減しようと思い浮かぶのが、食費だと思います。

 

しかし、食費よりも節約できて、1度の見直しだけで 1,000円以上も節約できるものがあります。

 

それが、月々の固定費である通信費を見直すことです。

 

ゆっきー
ゆっきー

スマホの通信費を見直して、確実に節約する方法をご紹介します!

 

【節約知識】食費は変動費、スマホの通信費は固定費

 

節約

 

「今月は接待が多かったなぁ」

「先月は同窓会や忘年会があって外食したなぁ」

 

というように、食費というものはイベントがあったり、その日の気分によって金額が上下する、変動費です。

 

年末年始になると、忘年会や同級生の集まりなどがあって他の月に比べると食費がかなりかさんで、12月は食費が 5万円。逆に、夏バテしてあまり食欲がなかったから、8月は食費が 3万円。

 

などなど、制御しなきゃと思っても、会社命令だったり大事な友人の誘いだから断れないこともありますよね。

 

交友関係に限った話ではありません。

 

ちょっとしたご褒美♪と思って200円のアイスを買っていたら、アイス代だけで月 1,000円使ってた!

 

なんてことも。

 

食費というのは、その日の気分が積み重なって大きくなったりします。

 

食費などの変動費は計画的にかつ厳格に行動しない限り一定水準に保つことが難しいのです。そんな食費を毎月計算して、自分にも厳しくしてご褒美なしなんて、ちょっと辛いし、続きません。

 

一方、スマホの通信費というのは、固定費です。

 

1,000円ぐらいの上下はあっても、海外旅行ぐらいしない限り、万単位の変動はありません。12月の料金が 8,500円、8月の料金は 9,000円とか、そんな感じです。

 

今日は動画を見まくろう♪

 

と12時間見ていたとしても、その月の料金が 25,000円になることはありません。(そんな携帯会社はただのぼったくりだし、その携帯代金をなんの疑問もなく払っている人はカモにされてますので、お気をつけください)

 

その日の気分が積み重なっても、大体似たような金額になります。

 

使いすぎたと思っても、通信速度を制限するなどの対策をすれば、毎月の支払いを一定基準に保つことができます。

 

ゆっきー
ゆっきー

通信費の増減は自分の気持ちとはほとんど関係のないもので、かつ1度見直してしまえば、以降は手がかからないので、節約しやすいのです!

 

例えば毎月 1,000円節約するとしたら?

 

固定費を見直す人

 

食費を削って毎月1,000円節約するには、色んなことを諦めなければいけません。月に1回の回転寿しに行くことや、晩酌のビール、価格の高騰しているレタスetc…を、

 

節約しなきゃ!」とその都度思い、無理をして誘惑に負けないようにするのです。

 

週1で外食していたのをお家で食べたり、コンビニで買っていた昼食をお弁当に変えたりと、少々大変な思いをして節約することになります。

 

それに対して、ケータイ代を見直して毎月 1,000円節約することは、とても簡単です。

 

1,000円ぐらいなら、自分に合ったプランに変更したり、使いもしないアプリに月額200円とか払っているものを削除するだけで節約できます。

 

そのアプリ使っている?○○し放題ってほどデータ消費してる?

お金

無駄に払ってるお金って思った以上にあります。

 

例えば、割引を受けるために契約で必須で、初期設定のまま放置しているアプリとか。docomoでいうなら、ガラケーのiアプリ「地図アプリ」は初回の月は無料だけど、あとは毎月300円かかります。

 

スマホでいうなら、iチャンネルとか。月額150円のやつです。スマホでニュースとか天気をみるなら、無料の yahooアプリで事足ります。

 

ゆっきー
ゆっきー

母の使っているガラケーの月額料金の明細を見ましたが、契約した当初にキャンペーンを利用するために付いていたアプリの使用料を、使ってもいないのに支払っていたので、解除しました。

 

そういった、ちょこちょこした固定費を削減していくと月1,000円は余裕で節約できます。

 

そんな無駄なアプリなどをしていないのであれば、今契約しているスマホの料金プランがご自分に合っているのかを確認してください。

 

例えば、そんなに通話をしないのに「カケホーダイ」に加入していたりしませんか?もしくは、月に1GBも使っていないのに「パケホーダイ・ダブル」にしているとか。

 

大手キャリアの場合は月100MBでも「結構使ってますね〜」とか言われます。「ちょっとしか使わない」のレベルが1MBぐらいのことを指してるとしか思えないほど低レベルです。

 

今どき 100MB使ったぐらいで5,000円かかるとか、はっきり言ってぼったくりですね。なので、「最安値の金額にはなりません」と言われ、プランが変わらないことがあります。実話です

 

大手キャリアは「パケット」という単位を使ってデータ通信量を多く使っているかのように見せていますので、注意してください。)

 

話しを戻しますと、ご自分の契約しているアプリや携帯プランをちゃんと見直して、削れるところを削れば月 1,000円ぐらいは確実に節約できます。

 

しかも1度の見直しで済むので、スマホを使うたびに「節約しなきゃ」と悩むこともありません。

 

さらに言えば、1,000円どころか、5,000円でも節約が可能です。

 

それは、携帯会社自体を変えることで実現できます。

 

docomo から IIJmio へ乗り換えました

 

iijmioロゴ

©https://www.iijmio.jp/

 

docomoユーザーだったころは、ケータイ代に毎月 8,000円以上払っていましたが、docomoからIIJmioの「みおふぉん」(ミニマムプラン)に乗り換えると、月額料金が、平均して毎月 3,000円程度になりました。

 

そのときのIIJmioの詳しい料金はこちら↓

 

 

これで毎月 5,000円を、確実に節約できました!

 

仮に違約金がかかっても、早くて2ヶ月、遅くても1年以内にはペイできます。

 

違約金がかかっても大手キャリアから格安SIMにした方が節約になる理由↓

違約金があっても損はしない!格安simへの乗り換えで違約金は1年でペイできます
わが家は大手キャリアのドコモとau → 格安SIMの IIJmio(アイアイジェ...

 

違約金がかかるのは嫌!という方は、更新月の1・2ヶ月前になったら検討してみると良いです。もし会社を変えようとしても、手続きに時間がかかって更新月を過ぎてしまってはもったいないですからね。

 

特にMNP(番号をそのままにして乗り換えられる制度)をお考えの方は、スケジュールを組んで早めに準備するようにしましょう。

 

MNPでIIJmioに入る流れは、IIJmio公式ページ|他社からの乗り換え(MNP転入)をご覧ください。

 

すでに IIJmio と契約しているご家族がいる場合には、現在の大手キャリアの名義人を、IIJmioと契約している人に変更しないといけませんので、ご注意ください。

 

SoftBankは、名義人を変更した時点で3,000円支払わなければいけなかったりするので、十分下調べをした方が良いでしょう。詳しくは、ソフトバンク(SoftBank)でのiPhone契約がヤクザ的で笑える件へどうぞ。)

 

おわりに

 

スマホの契約会社を、今すぐ変更しなくても良いのです。

 

おすすめなのは、更新月が近くなってからか、環境が変わったとき。一人暮らしを始めたり、学生じゃなくなったり、結婚したり家族が増えたときですね。

 

携帯会社を替えることは最初だけ大変です。下調べも大事になってきます。

 

でも、1度変更してしまえば、月 1,000円以上の節約になることは間違いありません。

 

昔はスマホなんて難しくて使えないと思われていましたが、今やスマホが使えないと逆にやばい、という時代になりました。それと同じように、いつまでも大手キャリアに何の疑問も抱かず、高いお金を払い続けているのはやばいのです。

 

CMなんかに惑わされずに、自分に合ったプランを適正料金で選べるところを見つけましょう。

 

ゆっきー
ゆっきー

無駄なものを削減していけば、節約なんて楽勝です!

 

格安SIM の IIJmio みおふぉんが気になった方は、こちらもどうぞ↓

 

 

コメント