宅配クリーニング・キレイナ会員登録だけで 1,000円OFFクーポンがもらえる! 詳細はこちら>>

フレッツ光が高くて乗り替えたいけど、どこが安い?転用でenひかりに乗り替えるのがおすすめ!

光回線といえば、フレッツ光が有名ですよね。

 

知名度の高さからの安心感ゆえ、あるいは家電屋さんに勧められるがままにフレッツ光を契約したけど、料金が高いと感じることがあります。

 

最近では月4,000円を割る光回線もあるみたいだし、フレッツ光ももっと安くならないかしら?

 

と乗り替えを検討している方へ、どこの光回線が安いのか、どう乗り換えるのが簡単なのかをご紹介します!

 

スポンサードリンク

 

インターネットの乗り換えで月額料金を下げる方法は2つ!

インターネット通信費を安く抑えるヒント

光回線の乗り替えで安くなる方法は、

 

  • フレッツ光以外の光回線に乗り替える
  • 「光コラボ」業者に転用で乗り替える

 

の2つがあります。

 

乗り替えの方法としては「フレッツ光はそのままにして、プロバイダだけ替える」という選択肢もあるのですが、これは大して安くならないので省きました。

 

上記の2つの乗り替え方法で、より手軽でおすすめなのは「光コラボ業者に転用で乗り替える」です。

 

フレッツ光以外の光回線に乗り替えるのは大変!

 

フレッツ光以外の光回線といえば、auひかり・NURO光ですかね。

 

フレッツ光以外の光回線に乗り替えることで、月額料金が安くなることはなります。(ADSL配線式などは例外あり)

 

しかし、この方法は「新規」での乗り替えとなり、初期費用として

 

契約事務手数料3,000円
工事費18,000円 〜 40,000円ほど
例1:auひかり 30,000円(マンション)
例2:NURO光 40,000円

 

また、フレッツ光の利用歴が短かかったり契約更新月以外での解約となると、違約金や解約金が発生します。

 

フレッツ光の解約金9,500円(東日本)
10,000円(西日本)
プロバイダの解約金0円 〜 10,000円ほど
例1:OCN 5,000円
例2:ぷらら 0円

 

移転先ではキャッシュバックもやっていますが、キャンペーンを受けるには「2年は契約を継続してもらう」みたいな最低契約期間が設けられていたり、違約金がフレッツ光より高かったりと、不便なことも多々あります。

 

加えて、フレッツ光と比べると使えるエリアが限られているので、住んでいる場所が対象エリアでないと、そもそも使えません。

 

工事が必要となったらインターネットが使えない期間も出てくるかもしれません。

回線自体の乗り替えはスケジュールや対象エリアなどを綿密に調べておく必要があります。

 

ゆっきー
ゆっきー

正直、工事とかめんどくさいしキャッシュバックって実はお得じゃないこともあるから、光回線の乗り替えは個人的におすすめしません。

 

光コラボの通信会社に転用で乗り替える方が簡単!

 

一方、「光コラボレーション」の回線業者に「転用」という形で乗り替えた場合、乗り替えにかかる費用は、

 

プロバイダの解約金0円 〜 10,000円ほど
例1:OCN 5,000円
例2:ぷらら 0円
転用転用事務手数料 2,000円

 

注目すべきは、「フレッツ光の解約金」がかからないことです!

 

光コラボの通信会社はフレッツ光の回線を利用していて、フレッツ光を解約する訳ではないので、解約金は発生しません。

 

また、基本的には工事費なしで手数料 2,000円だけで済むし、インターネットが不通の期間もありません。(ただし、配線方式を変更する場合は工事費が必要な場合があります。)

 

注意点としては、フレッツ光の工事費を分割で支払っていて残債が残っている場合、移転する前に一括で支払わなければいけません。これは光回線の乗り替えも同様です。

 

光コラボの通信会社で最も安いのはどこ!?最安値はenひかり!

 

光コラボの通信会社はいくつかありますが、最安値は「enひかり」です。

 

enひかり

 

「enひかり」は2017年9月から光回線のサービス開始した、まだ若い会社ですが、

 

料金プラン月額料金
マンション3,300円
戸建て4,300円

 

月額料金が業界最安値なのが特長です。

 

他にも、

 

  • 料金体系が一本化できる(支払い先がenひかりだけで済む。)
  • 契約期間の縛りがない
  • 解約手数料や違約金がない
  • UQ mobile ユーザーは enひかりの月額料金が100円割引になる
  • Wi-Fiルーターを3泊4日無料レンタルできる
  • V6プラスがオプションで使える
  • ひかり電話やひかりテレビなど、フレッツ光にあるオプションも利用できる

 

と、他の光コラボ会社とは一味違ったシステムで人気になりつつあります。

 

enひかりについては、こちらの記事もどうぞ↓

 

 

ゆっきー
ゆっきー

光コラボ会社なので通信の品質はフレッツ光と同等ですし、もし速度に不満があれば、高速通信が可能な「V6プラス」も使えます!

 

フレッツ光が高くてお困りの方は、転用でenひかりに乗り替えてはいかがでしょう?

 

 

コメント